2019-09-27

以前、知り合いの先輩作家さんから「文化庁メディア芸術祭の受賞を辞退した」と聞いてびっくりしたことがあります。メ芸は応募制なので基本的に辞退ということは起こりえません。しかしその方の場合は雑誌編集部が彼に無断で応募していて(漫画ではよくあること)本当に優れた作品だったために最高賞が内定してしまい、後で知らされたということです。自分もメ芸に自作を応募したことがあります。自分の場合はその方とは違い、積極的にメ芸を選んで、編集部も通さず自ら応募しました。メ芸は最高の名誉としか思ってませんでした。そんな自分にとっては、その方が一体なぜあえて辞退したか、何もしないで折角もらえるものをなぜ拒否したか、意味がわかりませんでした。色々質問をして、理屈としては一応わかりましたが、心情としてはやはりわからないままでした。

でも今日初めてわかりました。自分は受賞できて死ぬほど嬉しかったし、それ以降の活動は全てその延長線上にあるので、今後も感謝しつづけます。そのうえで、今後は芸術に対して文化庁がとるふるまいをよく見ながら、自分がそういう作家である意味を考えたいと思いました。