2021-04-15

今日発売のBRUTUSに、真造圭伍くんと対談した記事が載ります。
https://magazineworld.jp/brutus/brutus-937/

好きな漫画の話ができて嬉しかったです。真造くんの新連載「ひらやすみ」はもうすぐスピリッツで始まります。その物語の前日譚になる描き下ろしの短編漫画がこのBRUTUSに載ってます。対談でもしゃべったとおり真造くんの魅力がつまっている、のびのびとした、楽園みたいな漫画です。ぜひ見てください。

2021-03-31

斉藤倫さん『さいごのゆうれい』のイラストを担当しました。デザインは名久井直子さんです。4月10日発売、福音館書店

発売にあわせて原画の展示が、2会場で同時期におこなわれます。

(1)代官山蔦屋書店 4月10日〜5月9日

(2)本屋title(荻窪) 4月27日〜5月13日

斉藤倫さんの本で初めて読んだのは『ぼくがゆびをぱちんとならして、きみがおとなになるまえの詩集』で、色んな詩を紹介しながら感覚の扉をつぎつぎ開かせてくれるとともに、思わず笑顔になるとても軽やかな文章でした。その軽やかさはこの『さいごのゆうれい』でもさえわたってて、とても楽しく描きました。

2021-03-29

前回あげたフリースタイル47の絵の横長バージョンをSNSに載せたところ、海外の方から「家で靴を脱がない文化圏ではこの行動の意味がわからない」との反応をもらいました。

In Japan, after putting on the boots, we crawl on our knees to fetch something we left in the house.

(ぜんぜん関係ない話します)

昨日ある人のブログを見てたら「初期のビーチボーイズの写真で一番太ってる人がブライアン・ウィルソンだと長年思い込んでたけどじつはそれは弟カール・ウィルソンだった」ということが書いてあって、えっそうなん?とびっくり。のちに麻薬に溺れ肥満化…という伝説を中途半端に聞きかじっていたため初期の写真でも太ってる人=ブライアン氏と思い込んでましたが、本当の初期ブライアン氏は現在と近いような体型でらっしゃいました。「現在の姿ならちゃんと思い浮かぶ」という点までもそのブログの人と同じだったので、結構よくある勘違いかもと思いました。おわり。

2021-03-13

メ芸のマンガ部門は大好きなマンガが受賞している賞なので喜んで応募したし、新人賞を受けた時は本当に嬉しかったけど、そうやって加担した文化庁があいトリへの補助金交付を急に取りやめたときは嫌でした。当時もブログに書いたけど、メ芸の話題をみると思い出します。そんなのサクサク忘れて進めない自分が情けないとも思うのでがんばります。