2021-09-22

5月、食事どきにテレビのチャンネルがたまたまNHK大相撲中継に合っていたことが何度か続き、力士の顔と名前を少しだけ覚えたところ、「今日も観たい」と食事どきにテレビをつけるようになり、やがて毎日観るようになり、すぐ録画するようになりました。実況解説の方々がどんどん情報を教えてくれて、あと相撲協会のYoutubeでもいろいろな動画が配信されていて、とてもシンプルな勝ち負けが、どんどん重層的に見えてきます。まだ幕内力士くらいしか覚えられていませんが、色んなキャラクターがいて、めっちゃ楽しくなってきました。

今日は観てて、実況解説である言葉が頻繁に言われていることに気が付きました。それは「自分の相撲」という言葉です。「自分の相撲」は良いものとされているようで、力士がインタビューで「自分の相撲がとれるように一番一番当たっていきます」と言ったりします。解説の親方が褒めるとき「自分の相撲をとれたね」と言う場合もあれば、戒めるとき「勝ったのはいいけど、もっと自分の相撲をとってほしいね」と言うような場合もあるようです。

そうやって「自分の相撲」について他人が語るのはなんか不思議だと思いました。「自分の相撲」って何でしょうか。たとえばいつも立ち会いで頭でぶつかっていく力士が、急に退いてはたき込みをしたら「自分の相撲ではない」おかげで奇襲が成立して勝てることもあると思います。「自分の相撲」の良さって、観客にもわかりやすい予告されたスタイルで勝つほうが何かおまけが付いたみたいで嬉しいということ?

しかしよく考えたら奇襲の効き目を高めるのも「自分の相撲」という前フリであり、それも含めて相手を自分の流れに引き込むことだと思うとたしかに観ていて一番面白いのもそれだし、「自分の相撲」って深いな〜と思いました。自分も、自分の相撲がとれるように一番一番当たっています。

宇良関は、今場所5日目に「送りつりだし」で勝ちました。2005年に朝青龍関が決めて以来16年ぶりの珍手だったそうです。宇良関は10日目、横綱照ノ富士関に上手投げで下されましたが、裏返されながらまわしにすがる奇妙な姿勢を見せました。2004年に朝青龍関がこの姿勢になって勝ったことがあるそうです。そんな宇良関に惹かれて応援することにしました。

2021-09-01

衛星」という台北にできるギャラリーのオープン記念グループ展に参加しています。9月4日から10月25日のあいだ、台北にいる人は、ぜひ見てください。

2021-08-18

2016年に谷崎潤一郎作品をテーマに11人の作家が競作した漫画アンソロジーがこのたび増補・文庫化された『谷崎マンガ 変態アンソロジー』が8/20にでます。自分も載ってます。ぜひ見てください。