2020-03-25

子供のころ「酔拳2」を見てジャッキー・チェンのありえない活発な体の動きにしびれました。同じようにMGMのミュージカル映画とかサーカスにもしびれました。

パルクールは、色んなスタイルがあるようなのですが自分は不勉強で、ただ「ありえない活発な体の動きを見てしびれたい」という自分の欲望からいうと、何度見ても興奮する動きは「高いところに登る」と「高いところから降りる」です。普通なら階段を使ってはじめて到達できる階に、違う角度から自由な経路で移動するとき、想像が刺激されてしびれます。

オーストラリアのShane Griffin氏は映画のスタントなどもされているパルクールのアスリートで、高いところに登る動きを得意とされてて、飛んだり跳ねたりしながらホイホイ登っていく動画の満載されたinstagramを見つけたとき、めちゃくちゃ興奮しました。

たまらんがな。ほとんどの投稿を繰り返し見て、この動きができればどこへでも行ける、何にでもなれる、ありえないことがありえる・・・と想像して脳がしびれてます。

オリンピックのような、面白いはずの大会にまつわるいくつかのつまらない経緯を聞いて想像力がしぼんだり興味が途切れてしまったときは、それでも人生を楽しく過ごしたい自分は何か別のもので代替しようとするはずで、多分そのために自分はShane氏のinstagramばかり見るんだと思います。自分にとってShane氏はオリンピックの代替物。しけてないオリンピック。しびれるだけでいいオリンピック。ShaneこそTokyo2020。Shane最高!

2020-02-21

ゾフィーさんの単独ライブ「君はシリアス」のグッズのイラストを描かせていただきました→

昨年テレビで見たキングオブコントでふくちゃんが大好きになりファンアートを勝手にSNSで投稿していたことがきっかけで今回お声がけいただきました。ありがとうございます!✨

(2.27追記)
残念ながら、開催が見送られるそうです😂→

2020-02-11

『ジョジョ・ラビット』
(装画担当するコルドン<ベルリン三部作>と舞台が重なるので参考のため観ました)
「‪いつも大人から守られる特権的な立場の少年が、上級生におちょくられたくらいで理不尽に扼殺されたウサギに自分の運命を重ね合わせるなんてウサギに失礼では?」熱心な動物愛好家の(とする説がある)ヒトラーが少年につめよってきて、少年あやうし・・・という二次創作を考えました。

2020-02-10

Apple Musicで歌詞を見たら、後半で「you’re not alone, you’re not alone…」と畳み掛けるくだりで一箇所だけ「you’re not you」となっていたので、やば…どういう意味?深すぎ…考察ない?Geniusとか…と興奮しながら検索してみると、どのサイトを見てもそこの歌詞は「you’re not alone, girl」となっていて、どうやら最初に見たApple Musicだけ歌詞が違っていたようでした。音で聴くと、自分の耳ではどっちともわかりませんでした。いい曲と思いました。おわり。

↑Apple Musicより

2020-02-09

春一番が終わるそうです。物心つく頃から家族でひんぱんに訪れ、スタッフとしても1〜2年ほど参加しました。レゲエや河内音頭で踊ったり、服部緑地公園から天牛書店へ何度も散歩をしたことは自分の原風景です。風太さん、アベちゃんさん、本当にお疲れさまでした。‬