2023-01-28

バスクのスポーツの2ndアルバム「AVATAMA」を聴きました。1曲目「Exodus」が大好きです。打ち込みや電子音と人力との丁々発止なやりとりに新しい物語がつまってると思いました。2曲目「Chacruna (feat.よだまりえ)」は歌声に導かれてらせん階段を一歩ずつ上るような感じがして特に新鮮に感じました。4、5曲目で大好きな1stアルバムのような雰囲気もいっぱい感じれて嬉しかったです。6曲目「Halo」で宇宙から来た暴れ馬みたいなシンセのリフをバンドが立ち合いで瞬時に乗りこなしていくのがしびれました。8曲目「Eye of Howruis」は祝祭系エンジョイサウンドを完全に体現している重要曲として世界中で完全に物理的に機能すると思うのでW杯の公式テーマソングになってほしいです。3、7、10曲目といった短い曲がかわいくてとても好きです。9曲目「Execution(d.p.)」は終局にふさわしい重量級な物語で、厳粛な静けさの果てに突然押し寄せる躁狂な展開はライブで聴いた時より劇的に刺さりました。今あるノスタルジーを首尾よく汲み尽くす前に来たるべき世界に対して門を開いていく勢いを感じて、バスクのスポーツが言っていた幸せ翁計画とはこういうことなのかなと思いました。

1stアルバム「運動と食卓」でファンになりました。自分は好きなAreaやポストロックのノスタルジーを重ねてしまいがちなので、その後ライブで発表された派手に打ち込みが導入された新曲たちを自分が齟齬もなく不思議と大好きになれたのは偶然じゃないのか、2ndアルバムどうなるの?という謎でワクワク待っていたアルバムでした。謎もふくめて大好きです。テクノロジーとの調和や、祭りにおける人力要素の意味について考えました。いろんな景色が多彩に描かれたすごく自由でロマンに溢れてて心が躍るアルバムだと思いました。みんな聴いてほしいです。

2023-01-14

NHK大相撲は行司デーでした。自分は6代目木村玉治郎さんの声や所作がかっこよくて好きです。かつて小学生の時テレビで4代目木村玉治郎さんの姿を見て強烈に憧れて中学卒業後に弟子入りされたというエピソードが紹介されていました。それまでは野球やサッカーが好きで相撲に興味はなかったそうです。

『プラダを着た悪魔』という映画を観ました。冒頭でSuddenly I seeという曲がかかり、当時クラブイベントでよく耳にしたことを思い出しました。この曲はKT TunstallがPatti Smithのアルバム『Horses』のジャケットのポートレート写真を見て強烈に憧れた経験から書かれたというエピソードを知りました

Suddenly I see
This is what I wanna be
Suddenly I see
Why the hell it means so much to me

突然理解した これこそ自分のなりたい何かだと
突然理解した 一体なぜそれが自分にとって重要なのかを

Suddenly I seeを聴きながら、野球少年がテレビの大相撲中継にかじりつき、行司の姿に強烈に憧れている・・・という場面を想像しました。

2022-12-30

イラストを担当いたしました、先日のスカートのワンマンライブのグッズが、オンラインで買えるようになったそうです→

2022-12-18

You’re wondering now – Andy & Joey

You’re wondering now what to do
Now you know this is the end
You’re wondering how you should pay
For the way you did behave

あなたは今悩んでいる、どうしたらいいのか
見てのとおりこれで終わりなのだ
あなたは悩んでいる、どうやって払うべきか
自分がした振る舞いの代償を

Curtain has fallen
Now you’re on your own
You won’t return again
Forever you must wait

幕が下りた
今やあなたは一人ぼっちだ
二度と元には戻らない
永遠に待たなければいけない

2022-12-16

スカート『eleven matchboxes, ninety-six cigarettes』のグッズのイラストを担当しました。デザインは森敬太くん。

(12/30追記)オンラインで買えるようになったそうです→