2024-04-23

なんでもそろう 北極百貨店〜
ブルーレイとDVD 北極百貨店〜

原作者なおかげで、通常版と限定版の両方とも送ってもらえました。お店などでより多くお目にかかるのは通常版のほうかもしれませんが、実際に手にとるとやはり限定版のかわいさが良すぎたのでそのことばかり書いてしまうのですがすいません。毎年、バレンタインデー前の時期がくると百貨店へ行き、催事場フロアの混雑に分け入って、各スイーツブランドが競うように上品でかわいい小箱を並べている棚を、飢えた狼の目で見ながら巡回することが大好きです。最後にはいくつかレジに持っていくのですが、自分が選ぶ基準は、箱の見た目です(Demelなどが好きです)。そのとき、もしも売場の同じ棚で隣にこれが並んでいたとしても、きっとまったく違和感がないはず・・・という想像が、この限定版のデザインを見た瞬間にほとばしり、しびれました。箱にある窓の仕掛けがまたよくて、どこか謎を隠した物語絵本のようでもあり、映画の内容によく似合っていて、開けてみると特典のディスクやブックレットや縮刷版パンフレットなどの充実した物量にもしびれ、あまりにも良すぎると思いました。本当にありがとうございます。

代官山蔦屋書店さんで、場面カットや設定画などの展示がやっています!
5月16日まで。ぜひ見てください!
https://hokkyoku-dept.com/news/?article_id=65269

北極の日

16世紀頃から北極海航路を開拓する西洋各国の競争が激化、前人未到の北極点をめざして名だたる探検家たちが血道を上げ、ついに1909年4月6日、アメリカのロバート・ピアリー氏によって人類初の北極点到達が歴史に刻まれました。その偉大な記録にちなんで4月6日は北極の日と呼ばれているそうですが、この記録はいろいろ不審な点があるとして疑われているとwikipediaほかで読みました。そもそも前人未到や人類初といった記録に、北極圏で移動生活をいとなみはるか昔から北極点にも到達していたはずのイヌイットは人間に数えられておらず、そのような文明の欺瞞や邪悪を刻む意味でも歴史に刻むべき節目なのかもしれないと思いました。自分としては(自分の漫画に描いたこともある)オオウミガラスが乱獲されまくった時期が、探検家たちが北極海を冒険してまわった時期と重なるということで、北極の日を記念し、下の絵をあげます。