2020-03-25

子供のころ映画「酔拳2」を見ました。ジャッキー・チェンのありえない活発な体の動きにしびれました。同じようにサーカスもしびれました。あとMGMのミュージカル映画も、ありえない活発なダンスの上にありえない豪華な美術という2重のありえなさにしびれました。

パルクールを見るのも好きです。パルクールにもいろんなスタイルがあるようなのですが自分は全然詳しくなくて、ただいくつか見た中で「ありえない活発な体の動きを見てしびれたい」という自分の欲望からいうと最高だった動きは「高いところに登る」と「高いところから降りる」です。普通なら階段を使ってようやく到達できる階に、違う角度から自由な経路で移動するとき、ありえない感覚を強く刺激され、しびれます。

オーストラリアのShane Griffin氏は映画のスタントなどもされているパルクールのアスリートで、「高いところに登る」の動きを得意としており、飛んだり跳ねたりしながらホイホイ登っていく動画ばかり満載されたinstagramを見つけたとき、めちゃくちゃ興奮しました。

たまらないです。自分にはちょっとした好みがあって、たとえば彼が監視カメラにぶら下がるときには、そこは全体重かけて大丈夫?壊れない?と心配になり一瞬現実にかえりますが、それ以外はほとんど全ての投稿を繰り返し見てます。

もし、めちゃくちゃ足が速い人が目の前で思いっきり走ってくれたら、自分は感動すると思います。その脚力でどこへでも行けることを想像し、感動して、ジャッキー映画のように笑うかもしくは神妙な顔でしびれるか?それが100メートル走ならきっと笑いころげる方でしょうし、マラソンなら距離の長さを噛みしめてジワ〜としびれるでしょう。

ありえない活発な体の動きがいっぱい見られるお祭りであるオリンピックも、たまたま点けたテレビで流れているぶんには好きです。でもその好きは、大会にまつわるいくつかのつまらない経緯を知って想像力がしぼむと、なるべく自分とは関係ないところで早く通り過ぎてほしいと思うような、そんな程度です。

いや、そんなこと言ったって、オリンピックは世界の一大行事であって、参加国の国民は全員否応なく関係していて、自分も例外じゃないですよ。という現実を踏まえつつ、自分が言いたいのは、

現実にしぼんでしまった想像力と、途切れてしまった興味をどうするのか(自分のために)という話で、それでも人生を楽しく過ごすため、自分は何か別のもので代替しようとするはずで、おそらくその事情のために、自分はShane氏のinstagramばかり見ています。自分にとってShane氏はオリンピックの代替物。しけてないオリンピック。しびれるだけのオリンピック。ShaneこそTokyo2020。Shane最高!