センス・オブ・ワンダー

レイチェル・カーソンさんの『センス・オブ・ワンダー』を、独立研究者の森田真生さんが新しく翻訳され、未完のつづきを引き継いで書かれ、鈴木千佳子さんが装幀をされた本が出ます。自然にふれるワクワクが文章全体から伝わってきます。挿絵をたくさん描かせてもらいました。ぜひ見てください。筑摩書房、3/23刊